【タイ語】月日の呼び方

日常的に「いつに何をする~」というのはよく出る会話です。
今回その解説で、まずは月日の表現をまとめてみました。

各月の呼び名び方

タイ語では英語の「june(6月)」「july(7月)」の様に月毎でそれぞれの呼び方があります。

  • 1月:モッカラーコム
  • 2月:クンパーパン
  • 3月:ミーナーコム
  • 4月:メーサーヨン 
  • 5月:プルッサパーコム
  • 6月:ミトゥナーヨン
  • 7月:カラカダーコム
  • 8月:シンハーコム 
  • 9月:ガンヤーヨン
  • 10月:トゥラーコム
  • 11月:プルッサジガーヨン
  • 12月:タンワーコム
タイ語入門_バナー

語尾に法則性があります

こう一覧で並べると覚えるのが大変そうですが、ちょっとだけ法則性があり、
その月が何日まであるか。で語尾がかわります。

  • 31日まである月は語尾に「コム」
  • 30日まである月は語尾に「ヨン」
  • 28日まである月は語尾に「パン」

あとは覚えるのみですね・・・ただ別の表現方法もあるので、下記まとめました。

各月の別の言い方

別の表現方法として、日本語での「1月」「2月」「3月」と同じように数字と月の組み合わせで表現できます。

月を意味する「ドゥアン」+「タイ語の数字」 でも表現可です。

  • 1月:ドゥアン ヌン
  • 2月:ドゥアン ソーン
  • 3月:ドゥアン サーム
  • 4月:ドゥアン シー
  • 5月:ドゥアン ハー
  • 6月:ドゥアン ホック
  • 7月:ドゥアン ジェット
  • 8月:ドゥアン ペート
  • 9月:ドゥアン ガゥ
  • 10月:ドゥアン スイップ
  • 11月:ドゥアン スイップ エッ
  • 12月:ドゥアン スイップ ソーン

タイ語での数字の表現を覚えていれば、あとは「ドゥアン」だけ覚えれば行けそうです。
数字を覚えるついでに上記の「ドゥアン+数字」を覚えるぐらいでまずは覚えてみるのもいいかと思います。
ただタイ語をせっかく勉強するのであれば、最終的には、最初に記載した正式な呼び方を覚えたほうがいいかと思います。

日の表現

日の表現の場合は、 日を意味する「ワンティー」+「数字」で表現できます。

  • ワンティー ヌン:1日
  • ワンティー ソーン:2日
  • ワンティー サーム:3日
  • ワンティー シー:4日
  • ワンティー ハー:5日
  • ワンティー ホック:6日
  • ワンティー ジェット:7日
  • ワンティー ペート:8日
  • ワンティー ガゥ:9日
  • ワンティー スイップ:10日

上記の月の呼び方と日の呼び方で、
「何月、何日」が表現できるのですが、並び順は日本と逆で
「何日、何月」の表現になるので覚えておいてください。

PR

例文

1月2日:ワンティー ソーン モッカラーコム

各単語の意味

  • ワン:日
  • ティー:番目
  • ソーン:2
    ワンティーソーンで2日
  • モッカラーコム:1月

2日の1月で「1月2日」の表現になります。

応用:何カ月の表現

今度は応用ですが、何ヶ月の表現は、先ほどまとめました
「ドゥアン」+「タイ語の数字」の順番を逆にして、
「タイ語の数字」+「ドゥアン」=で〇ヶ月間 の意味に変わります。

1ヶ月:ヌン ドゥアン
2ヶ月:ソーン ドゥアン
3ヶ月:サーム ドゥアン

応用:何日間の表現

同様に応用で「タイ語の数字」+「ワン」の組み合わせで〇日間 の表現になるので合わせて覚えましょう。

ヌン ワン:1日間
ソーン ワン:2日間
サーム ワン:3日間

月に関しては12個と覚える単語が多く結構大変なのですが、そこを超えればかなり会話のバリエーションは増えてきますので、基本としてゆっくり覚えていきましょう!

それではよいタイライフを!

PR
PR