【移動】パタヤでのソンテウの使いかた

ソイブッカオのソンテウ
ソイブッカオのソンテウ

ソンテウについて

ソンテウとは、タイの交通手段としてメジャーな小型トラックを改造した相乗りバス・タクシーの事を指します。 タイの南東部にあるリゾート地パタヤでは主要の道路でかなりの台数が走っており利用頻度が高くコスパの良い移動手段です。  

PR

ソンテウの使い方

道路を走っているソンテウを使う場合、ソンテウが向かってきたら手をひらひらさせて止めて乗って下さい。 または、道の曲がり角等にて停車しているソンテウはそのまま乗車できるので後ろから乗ってみてください。
立ち乗りはちょっと慣れないと怖いと思いますので、最初は椅子側で座りましょう。
降りる際は、席についているブザーを鳴らし停車させ、降りたら運転手に料金を払って完了です。

利用料金

パタヤでのソンテウの場合、基本10パーツで利用が可能で、降りるさいに助手席側の窓から10バーツ払います。
スムーズに乗り降りするためにもお釣りのないよう小銭で10バーツは貯めておくといいと思います。
(高額な紙幣で払ったことはないですがせいぜい20バーツ紙幣かなと思っています)

チャーターソンテウについて

バスターミナルにて停まっているソンテウは、チャーターソンテウと言いまして、少し仕組みが違います。
運転手に場所を伝え金額を聞き、それで納得できれば人数が集まるまで待つことで利用できます
(荷物が多い場合や、移動で疲れているようでしたらチャータソンテウに乗った方がいいかと思います)

パタヤでのソンテウの運行ルート

パタヤではメインとなる道路の「ビーチロード」「セカンドロード」が一方通行でぐるぐると周回する作りとなっており、ソンテウでの移動がかなり便利です。  
また「ソイブッカオ」では北側の「セントラルパタヤロード」南側の「Southパタヤロード」どちら向きにもソンテウが走っているので便利です。

パタヤでは「ソンテウ」を使うことでかなり移動が楽になりますので、ぜひ一度お使いください!