【地域情報】パタヤ(Pattaya)について

サワディーカッ(こんにちは)!
みなさんはじめましてパタペディア管理人のKEIです。
この度はパタペディアのWEBサイトを引っ越ししまして、新規で書き直しをしています。
その最初の投稿として私がタイの中で一番好きな「パタヤ」の地域情報をまとめてみました。

PR

パタヤについて

パタヤとは、タイの南部「チョンブリー県」にあるリゾート地です。
ビーチではマリンリゾートを楽んだり、大型ショッピングモールでお買い物、海の見えるシーフードレストラン、ソイブッカオのローカルな食堂、夜になればウォーキングストリート等、 様々な遊びのスポットを楽しむことができる街で、タイのみならず東南アジアを代表するリゾート地で、欧米の方からタイの方々も含めバカンスを楽しんでいます。

発音は「パッタヤー」

実は「パッタヤー」が正しい発音で日本のメディアなどではパタヤの名称が一般的になっております。
ちなみに英語表記は「Pattaya」となっています。

パタヤへのアクセス

まず日本からタイへのアクセスですと、空港は「ドンムアン空港」または「スワンナプーム空港」になると思います。
そこからのパタヤへのアクセス方法としては主に2種類あります。
(移動時間は渋滞により変動します)

タクシーでドンムアン空港から約2時間半、
スワンナプーム空港から約1時間半
で1500〜2000バーツほどの費用感となっております。

バスも、スワンナプーム空港または、バンコク内(BTSエマカイ駅)からでております。こちらは出発時間が決められておりますが 、タクシーに比べ安価での移動が可能です。(エマカイ駅からは119バーツ)

いくつかのメインロード

パタヤは様々な見所があり、いくつかのメインロード道路を中心に場所の説明がよくさてれますので覚えておくと便利です。

ビーチロード

パタヤビーチ沿いのシーサイドビューのお店が多く並ぶ道で、ビーチロードと呼ばれています。多くの飲食店が並び、東南アジア屈指の有名な繁華街ウォーキングストリートもこのビーチロードの先にあります。

セカンドロード

ビーチロードと平行に一本陸地側を通る道路でセカンドロードと呼ばれています。ショッピングモールやデパートなど様々な施設が並んでおり、セカンドロード沿いのホテルですと色々な場所に行きやすく便利です。 ちなみに移動方法として便利な「ソンテウ」が、ビーチロードとセカンドロード巡回しているので、二つの道をつなぐソイ(横道)を通って行きたい方向(それぞれ一方通行になっています)へ移動すれば、パタヤの移動はかなり楽になりますので、ぜひ移動方法として覚えておいてください。  

ソイブッカオ

セカンドロードからさらに一本陸側の道がソイブッカオと呼ばれています。
ビーチロードやセカンドロードが短期の観光客向けのお店やホテルが多い地域であれば、ソイブッカオは長期滞在者向けで、よりタイの地元感を感じられるお店が多い地域となっています。
安く宿泊できるゲストハウスや、マッサージ屋さん、食堂が並び、リタイヤした欧米人も多く滞在する地域と言われています。

用途に合わせた宿泊施設

一泊数万からの高級リゾートホテル「ヒルトンホテル」や、数千円での綺麗なホテル、さらには数百円ほどゲストハウスの多数あり、何を目的とするかで様々な宿泊先をチョイスできます。

多国籍で楽しめるグルメ

様々な国から観光客がくるので、基本的なタイ料理から、中華、洋食と様々なジャンルを楽しめ、お店も屋台やフードコート、レストランにて楽しめます。

多数の見どころあがある街なので、ブログの記事追加に合わせて、継続的な情報更新をしていきたいと思います!

タイの情報配信ブログ「パタペディア」をこれからもよろしくお願いいたします!