【タイ語】ラン ジャーク (〇〇した後)を使った予定の伝え方


ラン ジャーク
หลังจาก
〜した後


ランジャークは、「〇〇した後」の表現で使う接続詞で、英語で言う after that です。
よく会話でも使える「〜の後で〜する」ができるようになるので、相手に予定を使えるコミュニケーションとして使えるので是非覚えてみましょう。

PR
タイ語入門_バナー

A+ラン ジャーク+B

ランジャークは2つの言葉の間に入れる使い方をします。
上記「A+ランジャーク+B」の場合は「 B をした後 A 」をするの意味になります。

例文

パイ ドゥーム ランジャーク ギン カーオ  (クラップ/カー)

頭に「パイ ドゥーム:飲みに行く」間にランジャークが入り、
後ろに「ギンカーオ:ご飯を食べる」が入るので、
「ご飯を食べた後飲みにいく」の意味になります。

各単語の意味

  • パイ:行く
  • ドゥーム:飲み
  • ラン ジャーク:〇〇した後
  • ギン:食べる
  • カーオ:ご飯
  • カッ/カー:男/女別の丁重な言い方

私もタイ人とお話をしていて「〜の後〜するんだ〜」と伝えたい時がありまして、その時に「ランジャーク」かと覚えました。
タイ人に「その後ってタイ語で何?」って聞くのもなかなかハードル高いと思うので覚えてきましょう!

ご飯!飲み!