【ホテル】タイのホテルでのデポジット

PR
ホテルのベッドルーム
ホテルのベッドルーム

サワディーカッ(こんにちは)管理人のKEIです。今回のコラムですが、初めてタイのホテルに泊まった際に、デポジットの仕組みで少し戸惑った時のことをまとめてみました。  

デポジットについて

そもそもデポジットとは、チェックインの際に保証金としていくらかフロントに預けるお金です。
宿泊中での下記のような場合にデポジットから差し引かれます。

主な例をまとめると

  • ルームサービスを使った
  • コップを割った
  • 備品が無くなった
    その他…

これらの費用がチェックアウト時にデポジットから差し引かれ、残った分が返却されます。

もちろん何もなければ預けたお金がそのまま返されますので、
なんて事のない仕組みなんですが、知らないと「え?」となりますね。  

実際に預けた額は?

私がこれまで泊まったホテルだと、
バンコク 500〜1000バーツ
パタヤ 500パーツ
のデポジット料金でした。(無いホテルもありました)  

チェックアウト時のホテル側の対応

ちなみにチェックアウトの際、フロントの人が従業員に連絡し、部屋のチェックが入り、その確認後にデポジット返金となります。
大抵は数分程度ですぐに確認は完了します。
(廊下で待機している場合もあります)

私は過去、海外旅行で、香港やハワイのホテルではデポジットを取られた記憶が無かったので、(ホテルによってはあるらしいです)
初のタイ旅行の際は「デポジットってなに?」状態でした。  

日本のホテルだとまず無い仕組みなので、初の海外旅行だと戸惑う方も多いかと思いこの記事を製作いたしました、この記事が少しでも役に立つと幸いです。
それでは、良いタイ旅行をお楽しみください!

PR