カオムーデン(赤豚焼き丼)

カオムーデン
カオムーデン

赤いお肉で印象が強いタイ料理。カオムーデンをご紹介します!

PR

カオムーデンについて

カオムーデンとは、所謂 タイの焼き豚丼でして、赤い皮の豚肉をご飯に乗せて、甘めのソースをかけた料理です!
見た目が赤く辛いのを想像しますが、かなり甘めの味付けなので辛い物が苦手な方も安心して食べれると思いますよ!

料理名の解説

ご飯を意味する「カオ」、豚肉を意味する「ムー」、赤を意味する「デン」の組みあわせで「赤豚焼き丼」の意味になっています。

  • カオ:ご飯
  • ムー:豚肉
  • デン:赤

食べられるお店

カオムーデンは、タイ人が好む庶民料理のひとつなので、食堂や屋台、フードコートなど幅広く食べることができます。

お店へのアクセス

今回私はパタヤにて半分屋台なお店「เจ๊..ปิ๋ว บะหมี่เกี้ยวจัมโบ้」で食べました。
(GoogleMapで見つけたのですが読み方がわかりません…)
お客さんは、タイの方ばかりで結構有名なお店だったようです!

お客さんの中では、クイッティアオ(ラーメン)の具材にムーデンをチョイスしている人多かったので次回頼んでみたいと思います!
(バミームーデンというらしいです)

ビジュアル的にインパクトもあるカオムーデン、タイの庶民的な味を食してみてはどうでしょうか!

ちと甘めだったので辛子を少し入れたら激辛に…ご注意を