【タイ料理】プラーニン トート (魚の素揚げ)

プラーニントート
プラーニントート

プラーニントートについて

プラーニン トートとは、ティラピアを素揚げにした料理で、シーフード系の飲食店で食べることができます。

PR

料理名の解説

プラーニンは日本にもいる魚のティラピアの意味で、それをトート(揚げる)が加わり、 「プラーニン トード」の料理名になります。

  • プラーニン:ティラピア
  • トード:揚げる

養殖に向いている

プラーニン(ティラピア)は養殖が盛んな淡水魚で、タイでは広く食べられ、ポピュラーな食材と言われています。  

日本の天皇との関係性

実はこのプラーニン、タイ王国の食糧事情が厳しいことを知った当時の皇太子明仁親王(125代目天皇〜現在の上皇)が、タイ王国へティラピアを50尾を贈り養殖を提案したことから普及したそうです。

それを受け現在では、タイ国内で広く食べられるようになりました。
親日の国タイと言われていますが、このようなエピソードも含め良い国の関係が続けられているのではと思いました。

食べられるお店

私はパタヤのレストラン「 Sang Daow」で食べましたので地図を載せておきます。

Sang Daow