【タイ料理】パットママー(インスタント麺炒め)がジャンクで旨い!

パットママー

タイの屋台や食堂などで食べられるタイの国民食!「パットママー」をご紹介します。

パットママーについて

パットママーを説明する前に、まず「ママー」の説明を。「ママー 」はタイで最も食べられているインスタントラーメンのメーカーの名前で、そのママーの面と野菜等の具材で炒め調理し、仕上げにラーメン用の調味料の粉もふりかけちゃうという料理です。私も大好きなタイ料理の一つです。

料理名の解説

タイ語での「炒め」を意味する「パット」とメーカ名の「ママー」で「パットママー=インスタント麺炒め」的な意味になります。
続けて「豚肉」を意味する「ムー」を付け加えたりします。パットママームー:インスタント麺の豚肉炒めとなります。

PR

パットママーの味付け

ズバリ美味しいソース焼きそばで日本人にも合うと味付けになっています!濃いめの味付けに、さらに仕上げの調味料の粉の味がまたベストマッチです!インスタントラーメンからこんなステキな料理が生まれるとは…!と只々驚愕です。

食べられるお店

ベースがインスタントラーメンですので、気軽な屋台や食堂などで食べることができます。
お店の入り口にラーメンの袋があれば、メニューにあるかと思いますので、見かけたら是非チャレンジしてみてください!

パタヤ ヌアンの地図はこちら

今回のパットママーはパタヤ 食堂の「ヌアン」で食べたもので、豚肉炒めにしてもらいました。お値段50バーツで、おススメです!

それでは良いタイライフを!

PR

ジャンクだけど美味しいよ

PR