【タイ料理】ジョーク (タイのお粥)

ジョーク(タイのおかゆ)
ジョーク(タイのおかゆ)

実は私が初めてタイで食べたご飯のジョーク。
空港のフードコートでほとんどのメニューが終了しており「ジョークしかなく、
あまり期待しなかったのですが実は…そんな出会いの「ジョーク」を紹介します!

ジョークについて

まずジョークとは、タイのおかゆでお米をトロトロになるまで煮込んだ料理です。
日本のお粥と見た目はほぼ同じです。

料理名の解説

料理名に関しては、単語でそのまま「ジョーク=お粥」を意味するそうです。

PR

ジョークが食べられるお店

屋台や食堂、フードコートなどで食べられるので、目にする機会は多いと思います。

味付け

まさに食べる前と後でイメージが逆転です!日本のお粥のような控えめな優しい味を想像していると、良い意味で裏切られますよ!
トロトロのお米の上に乗せられた、各トッピングが濃〜く主張してきます。
思った以上に、お米とお肉や生姜などの具材が混ざり合い、とても美味しく頂けます!
また特別辛いという訳でもないので、日本人にも合う味付けでドンドン食べることができますよ!

具材など

具材の内容は、お店によって変わりますが「生姜」「ひき肉」「煮卵」「スナック菓子」など様々な具材がトッピングされて楽しめます。
「煮卵」についてはカイケムと言って塩っぱいものも使われているので、少し卵自体を崩して全体に混ぜ込んで食べた方がいいかもしれません。
生卵を落としても美味しそうです!  

もう一つのタイのお粥

別の記事は書こうと思いますが、お米を出汁で煮込んだもので、
お米の原型を留めているお粥もあり、それは「カオトム」と呼ばれています。
日本のお雑炊に近い感じです。

ジョークを食べれたお店

私は初めてのタイ料理がジョークで、まさ入国したばかりのスワンナプーム空港のフードコートにて食べました。
場所は1階の一番奥側8番出口の近くにあります。

24時間営業とのことでしたので、空港で時間に余裕があれば、ぜひ食べてみてください!
それでは良いタイライフを

PR
PR