【タイ料理】ガパオライス(ガパオ炒め)が何度も食べちゃうぐらい旨い!

PR
ガパオライス
ガパオライス

日本人がおそらく一番食べているタイ料理は「ガパオライス」か「カオマンガイ」と思っているパタペディア管理人です。こんにちは。
今回そんなガパオライスについてまとめてみました。

ガパオライスについて

ガパオライスとは、タイで広く食べられる国民食で「ガパオ(ホーリーバジル)」を肉類などの具材と炒め、目玉焼きとご飯と一緒にワンプレートにて食べられるタイの一般的な料理です。

食べられるお店

タイ料理で看板を出していれば大抵取り扱っており、食堂やフードコート、レストランなど幅広く食べることができる料理です。

料理名の解説

実は、こちらの「ガパオライス」は、日本でだけで使われており、タイではほぼ使われていない料理名なんです。(日本人がよく訪れるお店であれば通じます)
タイでは、
「ガパオ ***(炒める具材)」または「パット:炒める」を先に入れ、
「パット ガパオ ***(炒める具材)」で注文をします。
「ガパオ」の「豚肉」「炒め」であれば、「パット ガパオ ムー」(ムー:豚肉)の料理名で伝えることができます。

色々なガパオ

ガパオと炒める具材の組み合わせで様々なガパオライスのバリエーションがあります。

  • ガパオ ムー:ガパオの豚肉炒め
  • ガパオ ヌア:ガパオの牛肉炒め
  • ガパオ ガイ:ガパオの鶏肉炒め
  • ガパオ クン:ガパオの海老炒め

※お店によっては1種類しかないこともあります

カイダーオ(目玉焼き)は欠かせません!

ちなみにタイの目玉焼きは多めの油で揚げるように作り、カイダーオ といいます。全てではないですがほとんどのお店でついてくるので、味の変化で黄身を崩して混ぜたりと美味しく頂けます!

アロイ マーク クラップ!(とても美味しいです!)

食べに行ったお店

写真はパタヤのソイブッカオにある「名無し食堂」のガパオムーでして、かなり美味しいのですが、1点注意で作る人で味がかなり変わってしまい時折ものすごく辛い時があります。
辛いのが苦手であれば、「マイ ペッ(辛くしないで)」
または「ノースパイシー」と注文してください。
また「カイダーオ:目玉焼き」はオプションなので、
「パット ガパオ ムー カイダーオ」で伝わります。

お店のアクセス

ソイブッカオのど真ん中あたりにあり、営業時間は24時間のようでして、いつでも美味しく頂いけます!
(GoogleMapの情報だと午前9時〜午前5時の記載ですが未確認です)

それでは良いタイグルメを楽しんでください!

PR