【タイ料理】おすすめ!カナームークロップ(カリカリ豚のカイラン菜炒め)

2020年3月31日更新!

「トムヤムクン」や「カオマンガイ 」等の日本でメジャーなタイ料理とまでは行きませんが、タイ料理好きなら是非とも抑えていただきたい料理が「カナー ムー クロップ」です!

カナームークロップ
カナームークロップ

カナー ムー クロップ
คะน้าหมูกรอบ
について


カナームークロップとは、カリカリに揚げた豚肉と中国野菜の「カイラン菜」を炒めたタイ料理です。主に食堂等で食べることができ、ご飯と一緒に頂きます。美味しいおかずでご飯をいただけるタイ好きなら間違いなくオススメのタイ料理ですよ!

味付け

カナームクロップは、オイスターソースに、ちょい辛な味付けになっております。ちょい辛でより食が進んでしまう美味しさですよ!辛いのが苦手な人であれば男女別で下記の言い方で辛さを控えめみしてもらいましょう!

■男性が言う場合
マイ ペッ ナ カッ
ไม่ เผ็ด นะ ครับ
辛くしないで下さいね。

■女性が言う場合
マイ ペッ ナ カー
ไม่ เผ็ด นะ ค่ะ
辛くしないで下さいね。

PR

料理名の解説

中華野菜の「カイラン菜」を意味する「カナー」。「豚肉」を意味する「ムー」それをカリカリに揚げた意味の「クロップ」の組み合わせになっています。

各単語の意味

  • คะน้า カナー:カイラン菜
  • หมู ムー:豚肉
  • กรอบ クロップ:カリカリに揚げた状態

上記の単語の組み合わせで
「カナームークロップ:カリカリ豚のカイラン菜炒め」
の意味になります。  

注文方法

正式な言い方では、炒めるを意味する「ผัด:パッ」も入れて「ผัด คะน้าหมูกรอบ:パッ カナー ムー クロップ」ですが食堂では「カナームークロップ」だけでも伝わりますよ!
ちなみに「カイダーオ:目玉焼き」を入れても美味しくいただけました♪

写真:「カナームークロップ」+「カイダーオ」

発声のカタカナ表記揺れ

ちなみにタイ人の人と一緒に食べたのですが、
「カナー」は「タナー」「クロップ」は「コップ」に近い発音でしたのでご参考までに。タイ語の発声はかなり難しいのでカタカナ表記では表現しずらいのですがまずは発声してみてください!もし伝わらなかったら指さしで料理名や写真を指しましょう!

คะน้าหมูกรอบ
カナー ムー クロップ

食べられるお店

カナームークロップは主に食堂やフードコート、レストランにて幅広く食べられタイ料理ですよよ!

ソイブッカオ名無し食堂 MAP

今回私はパタヤのソイブッカオにある「名無し食堂」でいただきました!お店の場所はソイブッカオのほぼ中央あたりにあるのでGoogle Mapでの地図を載せておきます。パタヤでソイブッカオを通る機会があれば是非!  

それでは良いタイライフを

PR

タナーの食感が
これまたアロイ!

PR